オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

工夫された介護用品

老夫婦

介護保険制度が導入されて以来、全国各地で高齢者施設が増加しています。
また、介護保険サービスを有効に利用して、介護が必要になっても在宅での生活を継続している人も大勢います。
最近では数多くの介護用品も販売されていますし、通販でも気軽に購入できるようになりました。
例えば、お風呂の介助の際には、介助する人の衣類が濡れないように工夫された介護エプロンなどがあります。
また、体が不自由であっても介護用品を使うことで人の手を借りずに済む場合もあります。

通販のメリット
最近では、あらゆるジャンルの商品が通販で販売され購入できるようになりました。
通販にはテレビやカタログ、インターネットによるものなど数多くあります。
特にインターネット通販では日本全国のみならず、海外から商品を購入することも可能です。
通販の最大のメリットは、家にいながら商品を選ぶことが出来、注文後は商品を自宅まで届けてくれると言うことでしょう。
通販は、外出することが難しい人などでも必要な物を手に入れることができる便利なシステムです。

介護保険制度の利用

老夫婦、屋外

介護用品の中には、介護保険が適用されるものもあります。
介護保険制度では、現物給付が原則となっているため、介護用品も福祉用具貸与や特定福祉用具販売と言うサービスの形で提供されることになります。
福祉用具貸与には、車いすや電動ベッドなどの特殊寝台などがあります。
特定福祉用具販売では、入浴や排せつに関わる用具(シャワーチェアやポータブルトイレ等)が販売されており、介護保険を利用して購入するすることができます。

日本の高齢化
現代の日本では少子高齢化が進み問題となっています。
昨年には65歳以上の高齢者が総人口の25%を超えると言う統計が出されました。
高齢化に伴い、我が国でも平成12年に介護保険制度が導入されました。
介護保険制度とは、介護を必要とする高齢者に、必要とされるサービスを提供する法律です。
サービスを利用するには要介護認定を受ける必要があり、介護度によってサービスを受ける時間や費用が変わってきます。
また、40歳以上の国民には介護保険料を支払う義務があります。

介護エプロンとは

手袋をした手

介護用品には、大きく分類すると介護をする人が使用する物と、介護を必要とする人が使用する物とに分けられます。
例えば、介護エプロンでは、介護をする人が使う物としては、入浴の際に使用する防水エプロンやおむつ交換などの時に使用するエプロンなどがあります。
施設や病院などでは、介護エプロンを使用して介護の仕事をすることが多いようです。
介護エプロンは、用途に合わせて全身に身に着けるものや、使い捨てなどもあります。

食事用エプロンの活用
一方、介護を必要とする人が使う介護エプロンの中で代表的なものは、食事の際に使用するエプロンです。
食事用のエプロンは、マジックテープなどで首に固定するものが多く、食べこぼしたものが衣類などに付着しないように使われます。
防水加工がされているものが多く、最近では食べこぼした物や飲みこぼした物を受け止めるポケットが付いているエプロンもあります。
これらの介護用品には様々な種類があり、最近では通販でも購入することができます。

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031